子どもが生まれて初めて購入した車がダイハツのTANTOです。カスタムTANTOではなくノーマルタイプです。

子どもを保育園に送り迎えする時と、近所のスーパー等に買い物に行く際に主に使用しています。乗せるのはほとんど子どもや家族だけになります。

年式は平成23年式の中古車を購入しました。購入店舗はホンダの店舗で直接中古車販売を行っているホンダオートテラスに行って、保証も込みで店員さんと相談しながら、状態も良さそうだったので中古車の購入を決めました。

SPONSORED LINK

ダイハツ『タント』とは?

ダイハツの代表的な軽自動車です。ノーマルタイプとカスタムタイプの2種類があります。軽自動車でありながら、最大限に室内が広々と設計されていて、天井も高く他の軽自動車と比べると車内の広さは歴然です。

また、特徴の1つとして助手席側のドアと左手側のスライドドアの間に設けた「ピラーレス」仕様という柱が無い設計で、乗り降りが楽ちんなミラクルオープンドアも長年の高い人気の要因となっています。これがある事で大きな荷物や、小さなお子様が楽に車を乗り降りする事ができます。

また、車内は使いやすい設計が色々と施されていて、例えば助手席をたおして「助手席シートバックテーブル」として使用出来たり、収納スペースが豊富にあります。

子育て中のママにはオススメの車

以前乗っていた車がスズキのラパンという車だったのですが、1人で乗る分には問題なく乗れました。しかし、いざ子どもが出来て一緒に乗っていくと考えるとあの狭さでは、子どもも暴れたり、チャイルドシートを乗せたりするとかなり手狭になると思いました。

それに比べて、ダイハツのTANTOはチャイルドシートを乗せても隣にあと子ども1人は余裕で乗る事もできますし、後部座席のシートも左右独立していて、自分の好きな位置に動かせるので後部座席でも広いスペースが出来て、雨の日などは中でお着替えや、傘を準備したりと一緒になって子どもの準備を手伝う事が出来ます。

また、収納スペースの多さも魅力の1つでハンドル前の「インパネアッパーボックス」や、助手席の「グローブボックス」はすぐに手が届く位置にあり、飲み物のおくペットボトルおきも前後両方に備え付けがあるのでこぼしたりという事がなくなります。

そういった面からも子育て中のママにはオススメの車となっています。

新車価格や燃費が欠点

ダイハツTANTOは長年人気車種なので、オススメ出来ないポイントとしてあげるなら、新車販売価格が高い所です。ノーマル車種を新車で購入する場合でも、170万程の価格になりカスタムでは200万円程の金額になってしまいます。

子育て世代の少しでもコストを抑えたい方には、新車でなく中古車をオススメします。また、車内が広々で最大限に広くしていて重い為か、ノーマル車だとかなりパワーがないです。坂道を登ろうとしたり、段差のある駐車場に入れようとすると、アクセスを強め踏まないといけないぐらいです。

なので、高速道路等でも加速してスピードにのるまでにもた時間がかかる気がします。坂道等起伏ある所にお住まいの方にはオススメできません。

他にも、燃費があまり良くないです。夏場クーラーを使い出すとすぐにガソリンが減りガソリン代がかかってしまいます。長距離運転を日頃からされる方はやめた方がいいかもしれません。

日常使いなら、非常に使い勝手が良い

ダイハツ TANTOは、長距離には向いていませんが、日常的に家から職場だけや近所を移動することが多いという方には使いがってがよく、後部座席を倒して前面フラットにすると車内も広いので沢山の荷物を積む事ができます。

サイドドアがピラーレスになっているので横からも荷物の積み下ろしができるのもTANTOだけです。子どもがいる場合は、ここにシートを引きお昼寝ができる広さが十分あります。キャンプ等に利用するのも良いかもしれません。

また、後部座席をめいっぱい下げるとベビーカーや自転車、大型の荷物等を積み込む事ができるので、色々な用途で使える軽自動車になっています。

また、運転していてもフロント部分の視野が前にも横にも広く見えやすく、更に軽なので結構小回りも利くので女性の方にも安心して運転しやすい特徴があります。

車種を選ぶ際も、人気がある車種なので人と色被りしたりする事もありますが、年式によっても沢山のカラーがあるので、人と違ったカラーを選べ被ったりせず、オリジナリティがでるのも良い所です。

車体の購入価格は高いですが、税金などの維持費が安く済む事と、人気がある車種なので高年式の車体を購入し、必要な期間だけ乗って乗り換えの際下取りして頂いても、状態が良ければ高値で取引する事もできます。

そう言う意味でも、セカンドカーとして利用するのも良いかもしれません。

まとめ

ダイハツ TANTOは、若い世代や主婦・子育てファミリー等幅広い人に人気のある車種で、最大の特徴が助手席と左手スライドドアの間にあるピラーレス仕様である事です。

これがある事によって、小さなお子様の乗り降りや大型荷物の出し入れもストレス無く行う事が出来ます。

また、シートも前後にそれぞれ独立した設計になっており、助手席を倒してテーブルになったり、後部座席をフラットにしたりと色々なシーンで大活躍します。

また、女性には嬉しい細やかな収納ボックスが手を伸ばす所に多くあるのも特徴です。幅広年齢層に支持される魅力溢れる車種となっています。