平成20年式の三菱ミニキャブバンに乗っています。近所の三菱ディーラーを訪れた際、ちょうど買い替えのお客様がいました。

その方が下取りに出された車がミニキャブバン、屋根の上にはキャリーが付いていました。それはまさに私が常々欲しいと口にしていた車であり装備でした。

製材工場に勤める傍ら日曜大工にいそしみ、物置やウッドデッキなどのガーデニングDIYにいそしむ私には、積載許容が広く小回りの利くミニキャブバンはうってつけの車だったのです。

日常の通勤はもちろんのこと、釣りやアウトドア、日常の買い物など幅広く活躍しています。

三菱『ミニキャブバン』とは

ミニキャブバンは小回りの利く軽貨物車として、業務用として使われることも多い車です。キャンターなどのトラックやパジェロなどのオフロード車、アウトランダーなどのベストセラー車を製造してきた三菱の中でも、根強い人気を誇る車です。

外観は他の軽貨物車よりどっしりとしているため、比較的横風に強いといえます。また、燃料タンクは40ℓと軽自動車とは思えない容量となっています。

平均的な燃費が15~18㎞/ℓですので、満タン時の走行距離はおよそ600㎞、長距離ドライブのときに途中給油の心配が少ないことは有り難いことです。

DIY好きな方やアウトドア好きな方のためにある車

ミニキャブバンは軽貨物車として登録され、車検証には定員2名(4名)と表記されています。運転席と助手席の他に後部座席もあり、必要に応じて4名座れるようになっています。必要でないときは後部座席を畳みフルフラットにすることができます。

後部がフルフラットになると用途は無限大に拡がります。先ず何よりも多くの荷物を積むことができます。私のようにDIYのお好きな方には垂涎ものの車といえるでしょう。

8フィートのツーバイ材などを積み込むことも大して難しくはありません。

また、釣りやキャンプ、車旅の好きな方にもお勧めです。後部がフルフラットになるのであらゆる荷物を積めることはもちろん、そのまま寝床にもなります。

キャンピングカーとして利用されている方も少なくありません。4WDの三菱自慢の足回りは少々のぬかるみや雪を乗り越えて目的地へと運んでくれます。

ミニキャブバンは、DIY好きな方やアウトドア好きな方のためにある車ともいえるでしょう。

車にスピード感やファッション性を求める方のニーズには合わない

実用性と遊び心満載のミニキャブバンですが、基本的には軽貨物車です。その外観がスポーティでないことは、車にファッション性を求める方のニーズには合わないことでしょう。またスピード感を楽しみたいという方にも不向きです。

なぜなら100㎞/h以上のスピードで走ると、頑張りすぎているという車の悲鳴のようなものが聞こえることもあるからです。

これは所有者によって差があるかもしれませんが、箱型のボディがスピードを出すように作られているとは思えません。

誤ってスピードを出した状態でカーブに突入すると、横転しそうになることもあるので注意が必要です。

車に対する嗜好は人によってさまざまですが、車を移動する自宅のように考え、運転席と助手席のゆったりとした乗り心地を重視される方も多くいます。

ミニキャブバンは多くの機能を備えた実用性の高い車である反面、ゆったりとした乗り心地が確保できるかと言うと、はなはだ疑問が残ります。

最大の魅力はあらゆる実用に応えてくれること

ミニキャブバンの最大の魅力はあらゆる実用に応えてくれることです。引っ越しや買い物の荷物の移動はもちろん、キャンプや釣り、さらには長い車旅などその用途は無限です。

私にとって、ずっと欲しかった車であり、おかげさまでその用途に見合った機能を存分に使わせてもらっています。中でも最も助かるのが後部の両側スライドドアです。これは本当に便利です。

例えば何かの事情で交通量の多い幹線道路の路肩に停車しなければならない場合、後部の左右、どちらからでも乗り降りや荷物の出し入れができるということは大きなメリットです。

また、屈強な足回りはフルタイムの4WDではなく、切り替え式となっています。そのため、状況に応じてタイヤの摩耗を防ぐこともできますし、燃料の節約にもつながります。

軽貨物車であるため、税金や車検も比較的安価です。さらに、駆動を切り替えることで燃費を向上させられるので経済的にも非常に助かっています。

ミニキャブバンで旅行するとき、犬を一緒に連れていきます。私の場合は、フルフラットにした後部にカーペットを敷いて、そこに犬を座らせます。

運転中、愛犬は広い後部をひとり占めし、退屈することなく自在に動き回ります。動き回ることに飽きて眠りに就くころ、車は目的地に到着するのです。愛犬との車旅はミニキャブバンあってこそです。

まとめ

機能的で実用性の高さで重用され、根強い人気のミニキャブバンです。キャリーを装着したり、後部座席をフルフラットにしてキャンピング使用されている方も少なくありません。

軽自動車とは思えない大きな燃料タンクと、いざという時の4WD切り替えは頼もしい限りです。

毎日の通勤からあらゆる買い物、引っ越しの手伝いなどの荷物運搬、さらにレジャー全般にいたるまで対応できるミニキャブバンは、まさに万能の車と言っても過言ではありません。