私の車は、トヨタのbBで年式が2003年で当時、新車にて購入しました。購入先は、トヨタの正規ディーラー店で新車で約150万円でした。

主に通勤やプライベートでの外出時に使用しています。通勤時は、主に一人で乗る事が基本となっていますが、出張時には会社の同僚を乗せたりしています。

プライベート時には、家族を乗せて買い物に出掛けたり旅行に行くなどしています。通勤で使用しているためほぼ毎日、車に乗っています。

SPONSORED LINK

トヨタ『bB』とは

トヨタのbBは、主に若者を中心に人気を集めている車種です。車体は、真四角で箱の形をしたタイプの車となっています。四角の箱の形状をしているため車内は広くトランクには背の高い荷物も入れる事が可能です。

車の名前の由来は『ブラックボックス(black Box)』で、シンプルなデザインながらもお洒落な車となっています。四角いハッチバックがbBの特徴で見切りが良いため視界も広く運転がしやすい車です。

荷物も多く乗り車内空間も広い事から若い世代から高齢世代の方まで幅広い世代から支持を集めています。車内は、5人乗りの2列シートでゆったりとした空間です。

人も荷物もしっかり乗せられて、対応力の高さが好き

トヨタのbBは、スポーツやアウトドアを行なっている人にお勧め出来る車種です。

なぜかというと5人乗りでありながら荷物が多く乗るためです。車内の空間を利用して高さのある荷物もトランクに乗せる事が出来ます。

後列のシートを倒す事でスポーツ用品やアウトドア用品も積み込む事が出来ます。スポーツやアウトドアを趣味としている人にとっては、車に乗せられる荷物の量が多いほど助かります。bBであれば、荷物をたくさん乗せた上で人も乗せて移動出来る魅力があります。

車のデザインもボックス形状でシンプルですが、格好良さも兼ね備えています。独身の方からファミリー世代の人まで利便性の高い車種となっています。

運転が苦手な方にもお勧め出来ます。コンパクトな設計でフロントも視界が広いため運転しやすいです。小回りも効きやすいため安心して運転出来ます。

他のタイプの車と比べると勝てない点

bBのデメリットとしては、家族が増えると乗せられる人数が5人までのため限られてきてしまいます。車内空間は広いものの家族が多くなって乗車人数が増えていく場合には、お勧めする事が出来ません。

また、プライベートでの旅行や仕事での出張時に遠方へ出掛ける回数が多い場合には、bBよりもワゴンタイプの車種の方がお勧め出来ます。

車体と比較すると車内はゆったりしていますが、長距離運転をする場合にはやはりワゴンタイプの方が楽に運転出来ます。

次に燃費の面でもハイブリッド車などのエコカーと比べると負けてしまいます。燃費性能に関して気にされる方にはお勧め出来ません。ガソリン費用を抑えたい場合には、bBではなくハイブリッド車を選択した方が良いです。

bBの欠点は少ないですが、運転する環境によってはデメリットと感じる点があります。

運転が苦手でも運転しやすい!13年乗り続けるほど好き

私は、トヨタのbBを2005年に購入してから13年乗り続けています。魅力としては、やはり乗りやすい点があります。

私は、車の運転がどちらかというと得意ではありません。その為、フロントの視界が良いbBは安心して運転する事が出来ています。車体も大きくない為、コーナリングや駐車もスムーズに行う事が出来ています。プライベートでも通勤でも毎日、快適に運転出来ています。

次にスポーツを行なっている為、道具がたくさん乗せられる点も魅力です。野球道具やキャンプなどのアウトドア用品もかなりの荷物を乗せる事が出来ています。トランクが小さい車ですと2台で行かなければならないですが、bBであれば1台で済む事もあります。

見た目も魅力的でシンプルなボックスデザインがとても格好良いです。bBは全般的に利便性に優れており、私は愛車として長く運転しています。車内空間の広さや運転のし易さ、使い心地が良い点が最大の特徴となっています。

2005年以降には、最新モデルも登場しており、幅広い世代から人気を集めている車種となっています。トヨタの車の中でも根強い人気を誇っています。快適なドライブで目的地まで移動出来るメリットがあります。

まとめ

bBは、外観のデザインから運転の利便性まで全てにおいて高い機能を有している車種です。その為、長く愛されている車種でもあります。

モデルチェンジ前と後の車どちらも販売台数が多く街中で見かける事が多いです。広い車内空間で快適に運転出来るbBは、若い方から年配の方まで人気が高く様々なシーンで利便性が高いです。

数あるトヨタの車の中でも歴史がある車種となっています。今後もモデルチェンジなどが期待されています。