トヨタ(TOYOTA)は、21016年に『TRI(トヨタ・リサーチ・インスティチュート)』をアメリカに設立している。

これは、人工知能に関する新たな研究・開発拠点。

そのトヨタは、自動運転システムの人工知能に独自に「ガーディアン」と「ショーファー」というコンセプトを打ち出している。

トヨタが打ち出す自動運転システム「ガーディアン」と「ショーファー」というコンセプトについて解説しよう。

SPONSORED LINK

「ガーディアン」とは?

ガーディアンは、人間が運転するときに動くシステム。

基本的には人間が運転し、その間システムはバックグラウンドで常に動いている。

人間がミスをすると、AIが事故の可能性を計算して、危ないときは警報を発する。

そして、警報では足りず、人間の操作では事故を回避できないと判断した場合は操作がAIに切り替わる。

そして、もう安全になったと判断をすれば、自動車を操作するのは人間に戻る。

TII(トヨタ・セーフティ・センス)はガーディアン?

すでに市場に出ているTII(トヨタ・セーフティ・センス)は、簡易型のガーディアンと言える。

ただ、トヨタが研究開発を進めているガーディアンはTIIを大きくを上回る高度なシステムになっている。

「ショーファー」とは?

ショーファーは完全に自律した自動運転システム。

運転に関する全ての動作は、ショーファーがやってくれる。

実は、「ガーディアン」と「ショーファー」は、技術的にはほぼ同じ。

ガーディアンはバックグラウンドでショーファーと同じことをしている。あくまで操作に関わらないだけだ。

「ショーファー」は操作システムが常に動作し、「ガーディアン」はドライバーがミスをした時だけ操作システムが動作する。

技術的には変わらないのだ。

目的に応じて使い分ける

では、なぜ技術的に同じなのに分けているか?

それは、技術的には同じでも、使い分けられるシステムだから。

つまり、運転を楽しみたい人などの自分で運転をしたい人が乗ったときは「ガーディアン」を使い、とにかく目的地に着ければ良いという目的で乗ったときは「ショーファー」に全てを任せれば良いという考え。

トヨタなどの車メーカーで働く人たちは、毎日車のことを考えている。当然、車や運転が好きな人たちが多い。

それゆえ、運転好きな人たちのことたちを重視している。

そのため、こういったコンセプトで自動運転システムを開発するに至ったのだろう。

トヨタも、人工知能の技術開発に多額の研究開発費を投資している。

利便性や効率性を重視し、技術的にも上をいっているIT企業との人工知能開発競争で違いを生み出すには、車好き、運転好きな人だからこそできる気配りが重要になってくるだろう。