私が今乗っている車は、ハリアーG’sでSUV車になります。H27年式で、札幌トヨペットで新車購入しました。

私は北海道の坂の多い町に住んでおり、冬は雪が積もりますがSUV車ですので出勤するときも、お出かけの時も使っています。

また趣味のスノーボードへ行くときは友達3人を乗せてよくルスツやニセコにも行きます。

使用頻度は凄く高いので1年で15000キロくらいは走っています。

燃費も14~15㎞ほどですのでSUV車にしてはいいほうだと思います。

SPONSORED LINK

トヨタ『ハリアーG’s 2.0エレガンス』とは

この車はH27年に発売開始された車で、通常のハリアーの「エレガンス」というグレードをG’s仕様に外装、内装をカスタムされたものになります。

ハリアーに社外のエアロをつけてカスタムするのは有名な話だと思いますが、このG’sはすでにエアロやマフラーなどもカスタマイズされたものになっています。

なので別のものに変えるなどは、今現在ハリアー専門の雑誌などを見る限りできないと思います。

また、ハリアーG’sのグレードは、2.0Lの2WDガソリンと2.0Lの4WDガソリンの2つです。

ちょっとしたウンチクですがハリアーのG’sの運転席のシートは、現在のトヨタの社長のイスに使用されているようです。

ちょっとした優越感を味わえますね。

人とは違った車に乗りたいといった考え方の方にはすごくお勧め

この車の魅力は、いくつかありますが、その中でもやはり、特徴的な外装が一番の魅力だと思います。外車のような出で立ち、普段から乗っていてもあまり同じ車に合うこともないので、人とは違った車に乗りたい、などといった考え方の方にはすごくお勧めです。

私もこの車を買うとき、通常のハリアーだとたくさん乗っている人がいるので嫌でしたが、この車が発売されるということだったので決めました。

また、内装にもこだわりが見られ、いたるところに間接照明がついています、夜に運転していて、「こんなとこにもついているのか!」と発見できることもありすごく楽しいです。

とてもラグジュアリーな雰囲気ですので内装にこだわる方にもおすすめです。

もちろんSUVということもあり、北海道など、雪の降る地域に住んでいる方にもおすすめです。非常に安定性があり、横滑り防止システムなどもついているので、滑ることはほとんどありません。

自分で外装をカスタムできないところがデメリット

この車のデメリットは、好きなように外装をカスタムできないところです。すでにカスタムされたものですので、エアロなどが売っていないです。自分専用にカスタムしたい方にはデメリットになります。

また、スポーツ仕様ではありますが、やはり初速などには期待はできないと思います。一応power modeというものがありますが、スポーツカーや他社の高排気量のSUVと比べると見劣りするところがあります。

他には、SUV車を使って車中泊をしたいという方がいれば、フルフラットにはなりません。運転席と助手席のシートがスポーツカータイプで、体の横揺れを防止できるようになっていますので、そこが座席を倒したときに邪魔になってしまいます。

車中泊をするときは大人二人くらいしか寝れないと思います。一人旅をして車中泊をする方はリアが広いのでそちら側で寝れば全然寝れます。

使い勝手は本当に素晴らしい!

この車の使い勝手は本当に良いです。

長距離の運転でもシートの乗り心地がすごくいいので、ほとんど疲れません。アクセルやブレーキの感じもゆとりがあるものになっていますので、スピードが出すぎることもブレーキがかかりすぎることもなくストレスはほとんどないです。

私はよく200~300㎞の遠出をするのですがこのくらいだと休憩なしで行けます。

一人で温泉に行くことや、北海道の名所、観光地などへ行き、車中泊で1泊した後にゆっくり帰ってくるなどといったこともやっています。

乗り心地のほかには、外装なんかも、純正でタイヤのサイズが通常のハリアーとは違っていて、19インチになっています。

とてもかっこいいタイヤなので、折角いい車買ったのにタイヤだけダサい、、なんていわれることはまずないでしょう。

私の場合は冬タイヤは、ワダチにハンドルがとられることを恐れ、インチダウンして、17インチのタイヤをはいていますが、雪のほとんど積もらない地域にお住まいの方は、19インチの冬タイヤでも、カッコよくていいのではないかなと思います。

特にこの車は、外装や内装などを重視される方にお勧めです。デザインが、近未来的ですので、今後全く別の方向にデザインがいかない限りは、ずっと目新しく乗れると思っています。

まとめ

私が今回、車を選んでいたときは、10年乗れるような、ずっと好きでいられるような車が欲しいと思い選んでいました。この車はそんな願いを叶えてくれる車だと思います。

エンジンをつけたときの音にもこだわりがみられスポーティですし、夜運転していると間接照明でラグジュアリー、そんないいとこどりができている車だと思います。

普段から乗っていてとてもワクワクします。

この記事を読んでいただいた方には、ハリアーG’sも選択肢の中に入れて頂けたらすごく光栄です。