私が乗っている車種はパッソで2017年式で新車で購入しました。買ったのは、地元のネッツトヨタです。

パッソはセカンドカーとして、購入したのですが、買ったきっかけは、娘が今年の春に病院への就職か決まり、通勤用としての利用でした。

いつもは、通勤用としての利用が多いのですが、休みの日にメインの車を家内や息子が利用する時に、私が利用することもよくあります。

また、逆に家内がバッソを買い物で利用することも少なくありません。キビキビとした走りなので、街中を走ることが多いのです。

SPONSORED LINK

トヨタ『パッソ』とは

バッソはトヨタから出ているコンパクトカーです。

5人乗りの車なのですが、見た目はまるで、軽自動車のような外観ですが、足回りはしっかりしていますし、室内の空間も外からは想像がつかない程の広さを維持しています。

そのおかげで、後部のバッゲージルームには大きな荷物も載せることができるので、郊外のショッピングセンターでまとまった買い物をしても問題なく積めることから、日常生活の移動手段や足として利用するにはとても便利なのです。

また、小さいながらにも車体はしっかりとしていて、高速道路を走っても軽自動車のようなふらつきなく安定して走ることができます。

運転初心者や主婦にとても向いた車種

免許取り立ての新米ドライバーの人、ペーパードライバーや主婦にとても向いていると思います。

軽自動車並みの小回りの良さがあるので、狭い道や路地裏を走る時も難なく通行できます。取り回しの良さは、やはり初心者の人にはとても便利で良い特徴です。

しかも、とてもドライブアシストで、自動で危険回避をするブレーキ機能や歩行者やクルマとの衝突回避をしてくれる機能もあるために、これも運転に慣れていない人にとって、とても心強い機能です。

現在、メインの車もトヨタの車種に乗っているのですが、ナビシステムは、ほとんど機能が同じなので、慣れている人には、このシステムもすぐに使いこなせるので、セカンドカーとして購入したとしても、使い勝手の良さも特徴と言えるでしょう。

特にバックモニターも付いていることから、狭い駐車場に停める時もとても便利がいいのです。

非常にコンパクトなことが魅力であり、欠点

デメリットとしては、やはりコンパクトカーの中でもかなり小さいので、本格的に長距離を走る時には、不向きかもしれません。

車が好きな人でも、ロングドライブや小旅行で車を長い時間乗る時は少し疲れがルはずです。

生活の足として利用するには、最高の車なのですが、アウトドアや旅行で使うには、かなり疲労度も高くて、あまりおすすめはできないかもしれません。

また、室内が5人乗りではあるとのの、コンパクトカーならではの空間なので、長時間フル人員で乗るには厳しいかもしれません。高速道路を走っていると、セダンやミニバン等と比べて、振動も気になってきます。

特に排気量の関係もあり、高速道路での追い越し車線や登り車線での加速はもとめることができないので、本格的に走ること好む男性の人にとっても、あくまでセカンドカーとしての利用価値に留まってしまうことでしょう。

燃費性能の高さも大きな魅力

パッソの魅力は確かに取り回しの良さや安全機能が充実していることが挙げられます。

これと併せて、いいのは経済性です。燃費がとても優れていて、街の中を走る時は、20km/Lを下ることが少ないのです。

もちろんエコモードにして、急発進・急加速をしないことが前提なのですが、とても燃費性能がいいので、娘が通勤用として利用するには、とても重宝しています。

しかも、とても燃費を上げるために、自動でエンジンを切り、アイドリングによる無駄なガソリンを使わない機能もいいのではないかと思います。

通常、燃費性能については、カタログスペックより、実際のデータは落ちることが普通ですが、パッソの場合、そのデータに近い力を発揮してくれるので、経済性を意識する人ならば、とてもおすすめの車と言えます。

運転環境についても良く、車高が高いために、前方の視界が広く取れていることもパッソのならではの特長かもしれません。

実際に運転していて視線が高めなので、周りの動きもはっきりと確認することができるので、危険回避をする時も、難しいことはあまり感じられないと思います。

これは車高の高いミニバンに近い運転感覚を持つことができるようにも感じます。

まとめ

生活の足として利用することもマイカーの目的の1つです。

トヨタパッソは、そんな生活スタイルを安心してサポートしてくれる車です。しかも、安全性については自動による危険回避の機能やブレーキ機能もあってとてもいいのです。

運転していなかった人がマイカーを持つならば、取り回しが良く、操作性も簡単なバッソがおすすめだと思います。

燃費の性能も良いことから維持費も安く、メインの車としてもセカンドカーとしての利用にも価値の高い車と言えます。